メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織逆転負け、4強逃す 「芝の王者」に苦杯

錦織に勝利し、笑顔をみせるフェデラー=AP

ハレプVSセリーナ 女子決勝

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第10日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準決勝は第7シードで元世界ランキング1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第8シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-1、6-3で破り、初の決勝進出を決めた。4大大会23回の優勝を誇る第11シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界54位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)を6-1、6-2で降し、2年連続で決勝に進んだ。

 第9日は10日、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(日清食品)が第2シードのロジャー・フェ…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

  4. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです