メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織逆転負け、4強逃す 「芝の王者」に苦杯

男子シングルス準々決勝でフェデラーと対戦する錦織=共同

ハレプVSセリーナ 女子決勝

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第10日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準決勝は第7シードで元世界ランキング1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第8シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-1、6-3で破り、初の決勝進出を決めた。4大大会23回の優勝を誇る第11シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界54位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)を6-1、6-2で降し、2年連続で決勝に進んだ。

 第9日は10日、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(日清食品)が第2シードのロジャー・フェ…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1550文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです