メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

企業型保育所、ずさん審査 福岡の会社、助成金受給 別の工事写真で1億円超

昨年2月に保育所が開園する予定だったビルのフロア=福岡市中央区で2019年7月11日、津村豊和撮影

 企業主導型保育所の開設資金名目で金融機関から1億円超をだまし取ったとして、福岡市のコンサルティング会社社長ら3人が東京地検特捜部に逮捕された事件で、この会社が関わる全国の7保育所が助成金受給の決定を受けながら開園していないことが、関係者への取材で判明した。少なくとも2億円程度が既に助成されたとみられる。架空の工事写真を基に助成された例もあり、設置審査の甘さが指摘される企業主導型保育所の課題が改めて浮き彫りになった。【平塚雄太】

 企業主導型保育所は主に企業が従業員向けに設ける無認可の保育所で、地域向けに開放された保育所もある。助成金は事業主の拠出金が基になっており、「児童育成協会」(東京都)が国から委託されて審査し、開設を認めれば助成する。

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 「どうか静かに見守って頂けますと幸いです」 志村けんさん新型コロナ感染 発表文全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです