メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ

全4600頭殺処分3カ月 愛知・瀬戸の35歳経営者「ツバキ油入り」再挑戦 防疫強化「今まで以上の施設作る」

 昨年秋から岐阜、愛知県で家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の発生が相次いでいる。愛知県瀬戸市で養豚業を営む谷数正社長(35)の養豚場でも飼育していた豚が4月に感染し、全頭が殺処分された。ツバキ油を混ぜた餌で栄養価の高い豚肉を開発中だったが、中断した。それから3カ月。谷さんは毎日新聞の取材に応じ「殺された豚を弔うためにも、今まで以上の施設を作る」と再起を誓った。【岡村恵子】

 餌に瀬戸市の花のツバキの油を入れるとオレイン酸が豊富な肉になることが分かり、新たな特産物にしようと…

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1697文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです