メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GetNavi

職住一体型シェアハウス「コリビング」に定額で全国住み放題サービスが登場(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

シェアハウスやコワーキングスペースなど、複数の人が同じ空間を共有する、という暮らし方や働き方は、今や大きなトレンド。そんななか、シェアハウスのように一緒に暮らし、コワーキングスペースのようにさまざまな職業の人が集まって仕事をしながら過ごせる、職住一体型の暮らし“コリビング”が注目されはじめています。

 

定額で日本全国のコリビングを使えるサービス「ADDress(アドレス)」を運営する株式会社アドレスの池田亮平さんに、このコリビングという新しい仕組みについて、またADDressのサービスについてお話を伺いました。

 

“仕事をしながら住める別荘”が全国に!

2016年にニューヨークで誕生したコリビングは、働き方が多様化する現代の波にのり、日本でも話題に。若い世代やフリーランスで働く人を中心に、広がりはじめています。なかでもADDressは大きな特徴をもっています。

 

「ADDressは、現在日本各地に16の拠点(今夏22か所に拡大予定)を持っています。水道光熱費やWi-Fi利用料込みで月額4万円から会員になることができ、どの物件にも滞在できます。いずれも古民家などの空き家を活用し、戸建をリノベーションした物件で、“いろいろな場所に別荘を持っている”感覚、と考えていただけるとわかりやすいかもしれません。現在は、自宅を持ちながら別荘のようにADDressを使う会員の方が多いですが、なかにはADDress拠点のみで生活している方もいらっしゃいます」(株式会社アドレス・池田亮平さん、以下同)

月額定額制で、日本中に別荘をもっている感覚、と言ったらいいでしょうか。

 

コリビングが持つ2つの機能

・シェアハウスとしての機能

「暮らす」のは、共同で使えるリビングやキッチン、浴室のある物件。年会員または半年会員になると、特定の物件にあるドミトリーに自分専用のベッドをひとつ持つことができますが、それ以外にも個室を予約することができます。

 

「会員とは賃貸借契約を結ぶので、アパートやマンションを借りるときと同じように本人確認をしています。旅行先の宿のように不特定多数の方が出入りするわけではなく、身元の保証された会員が利用するので、女性の方でも安心してお使いいただけます。また、個室には鍵がかかるので、プライバシーも確保されています」

 

・コワーキングスペースとしての機能

ADDressの物件はすべてWi-Fi完備で、快適に“働く”ためのスペースを共同で使うことができます。「フリーランスのライターさんやデザイナーさんなど、集った人同士で紹介しあい、仕事に発展するケースもあります。また、弊社では地域とのコミュニケーションを大切にしているので、今後は地域発信のコンテンツ制作や地域に基づく仕事などを会員の方々にご紹介するなど、地域と会員を繋いでいくようなことも構想しています」

 

続いて、どのような暮らしを楽しめるのかチェックしてみましょう。

「ADDress」のコリビングを楽しむ方法

では実際に、コリビングではどのようなライフスタイルを楽しめるのか、ADDressを例にとって確認していきましょう。

 

1.都内への通勤圏内物件なら半休も有意義に使える

西品川や世田谷、北鎌倉、一宮など都内への通勤圏内の物件は、利便性がよく、会社勤めしている方も気軽に使うことができます。

 

「例えば北鎌倉は、都内から1時間ほどのアクセスなので“明日は午後から出勤だから、今夜は北鎌倉に帰ろう”などと行動範囲を広げられる場所でもありますし、ご実家暮らしの方が“今日は静かにひとりで過ごしたい”と、ADDressの物件に帰宅する場合もあります」

「海やお寺など、散策するには困りませんから、ちょっとしたリフレッシュの時間を作るのにぴったりです」

 

 

2.拠点を通して人と繋がり人脈を広げる

拠点を通して同じようなライフスタイルの仲間と出会うことができるので、情報交換をしたり仕事をシェアしたりと、人と人との繋がりが広がることも多いのだとか。会社と家の往復だけになりがちだったり、フリーランスで人づきあいが少なくなっていたりする方にもオススメです。

 

「会員さんの中には、“人が好き”という方が多くいらっしゃるので、この場所で出会えた人と交流する楽しみがあるのではないでしょうか。ワークショップやイベントを開催することもできますし、“○○さんがあの拠点にいるから行ってみよう”などと、会いたい人に会うという目的で拠点を使っていただくこともあるようです」

 

3.移住先を決めるためのお試し宿泊ができる

フリーランスやテレワークなど、ひとつの場所に縛られずに働くことができるスタイルが徐々にブームになりつつある今、地方に移住を考える人もいることでしょう。

 

「福岡や宮崎、長野、鳥取など、さまざまな場所に拠点があるので“ここに住んだらどうだろう”と、お試しのためにADDressを利用される方もいます。若い世代の移住を歓迎して助成金を出すなどの移住施策をとっている地域もありますから、移住の情報は得やすいといえるでしょう。また、その街全体の活性化につながるようなことも考えたいと思っています」

 

4.余暇を有効活用する

旅行したくても、旅行シーズンはホテルの値段が高かったり、行った先で楽しみを見つけられなかったり、といった悩みを持つ人にもオススメです。

 

「ただ行って美味しいものを食べて帰ってくるだけじゃない体験をしたい、と思っても、情報がないとなかなか暮らすように旅するのは難しいものです。ADDressは拠点ごとに“家守(やもり)”と呼ばれる管理人がいて、イベントやアクティビティなどのハンドリングをしています。みんなで釣りをしたりバーベキューをしたり、普通の旅行ではなかなか味わえない、仲間との時間を楽しめますよ」

 

5.子どもはみんなで一緒に育てる

予約できる個室は、もっとも大きい部屋で8畳程度、クイーンサイズのベッドが1台入っています。ここに宿泊できる人数であれば、一親等までの家族も一緒に利用することができます。

 

「例えば小さなお子さんがいるご家庭同士で拠点に滞在して、複数の大人でみんなの子どもを見る、という場があると、休日も楽に過ごせますよね。混んでいるテーマパークに出かけるよりも、休日はどこかのADDress拠点で過ごす、というふうにお使いいただくのもオススメです。ご夫婦が東京出身で帰る田舎がない、という方が子どもを連れて帰れる場所にと、地方の拠点をお使いになっているケースもあります」

 

「ADDress」利用に関するQ&A

最後に、ADDressを利用する際に気になることをまとめました。

 

Q.住民票を移せますか?

A.「契約しているドミトリーベッドのある拠点に、住民票を移すことができます」

 

Q.アメニティなどは用意されていますか?

A.「あります。バスルームのソープやヘアケアなどは松山油脂の『LEAF&BOTANICS』を、タオルは池内オーガニックの今治タオルを用意しています。また、色々な拠点を移動しても快適に寝られるように、ベッドが置ける洋室タイプの個室には、高品質な『コアラマットレス』を導入しています」

 

Q.他にどんな拠点がありますか?

A.「現在は、北海道札幌市、千葉県南房総市、静岡県南伊豆町、徳島県美馬市など、16か所がオープンしています。夏までに東京都世田谷区や同豊島区、福岡県八女市や熊本県宇城市、同多良木町などがオープンして22か所に、年内には50〜100か所を目標にしています」

 

新しい暮らし方、働き方を取り入れると、視野や出会いの輪が広がって楽しみが増えていくかもしれません。まずはまとまった休みに、旅をする感覚で取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【Information】

ADDress
https://address.love/
株式会社アドレスが運営。空き家や古民家をリノベーションして、コリビングサービスを提供する。自治体との連携で空き家問題の解決や、交流人口の増加による地方活性化も目指している。社員向けの福利厚生として利用する法人会員も増加中。

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「アットリビング」

 

【関連記事】
世界の海で異常事態!今こそ知りたい「マイクロプラスチック」とは

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです