メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本音漏れただけ」失言タイムライン作って分かった ネット公開の大学生に聞く

麻生太郎財務相の3回目の発言=「政治家 うっかり失言TIMELINE~ジェンダー編~」から

 過去約20年間のジェンダーに関する国会議員の問題発言を時系列で紹介するインターネット記事「政治家 うっかり失言TIMELINE(タイムライン)~ジェンダー編~」が話題を集めている。今月1日にアップして以降、アクセス数は9万を超えた。集めた事例24件のうち20件は自民党議員によるもの。まとめた明治大4年生の日下部智海(くさかべ・ともみ)さん(22)に、記事の狙いや失言の分析を聞いた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1752文字(全文1965文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです