メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易制限の例外焦点に WTO訴訟で決着までに数年以上かかるケースも

対韓国輸出規制を巡る経緯と今後の流れ

 日本政府による韓国向け半導体材料などの輸出規制強化を巡り、両政府は12日、東京都内で事務レベルの会合を開いた。

 約3年間途絶えたままの韓国との輸出管理協議について、経産省幹部は「環境が落ち着けば、いずれ再開したい」と語るが、両国関係は緊張の度合いを増しており、当面は困難な状況だ。韓国の成允模(ソンユンモ)産業通商資源相は「世界貿易機関(WTO)への提訴をはじめとする必要な対応措置を取っていく」と語っており、このまま日本が歩み寄らなければ、「国際ルール違反」としてWTOに提訴する構えを崩していない。

 WTOは関税以外の方法で貿易を制限することを禁じている。例外規定として、安全保障上の重大な利益を保…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文826文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです