メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証、午前終値は9円高の2万1653円

 12日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んでもみ合った。米中貿易摩擦を懸念する売り注文が出た一方、11日の米ダウ工業株30種平均の上昇を支えに買いが優勢になる場面もあった。

     午前終値は前日終値比9円60銭高の2万1653円13銭。東証株価指数(TOPIX)は2.52ポイント安の1576.11。

     11日のダウ平均は景気を支える米利下げへの期待が膨らみ、史上初めて2万7000ドルを超えた。だがハイテク株が売られて米ナスダック総合指数は下げ、欧州株も11日は安かったため、海外の市場環境は「日本は素直に喜べない状況」(大手証券)となった。(共同)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
    2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
    4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
    5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです