メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英の駐米大使 華麗な外交術、突如暗転 EU離脱絡む陰謀論も

ダロック駐米大使=AP

 トランプ米大統領を「無能」と本国に報告したことが判明し、辞任を余儀なくされた英国のダロック駐米大使は華麗な外交術で米政界中枢に幅広い人脈を築いた「大物外交官」だった。トランプ氏の激しい怒りを買ったことで突如暗転し、米英関係も緊張。漏えい事件の背景には、欧州連合(EU)離脱問題が絡んだ“陰謀”があったとの見方が出ている。

 今年3月17日、米議会で開かれた昼食会。トランプ氏はダロック氏と向き合い、EU離脱について質問を投…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文876文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです