メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山笠「男の祭り」撮り続ける女性カメラマン 15回目の夏

西流の舁き山笠を撮る山崎伸子さん=福岡市博多区で2019年7月11日午前5時16分、一宮俊介撮影

 1日に開幕した博多祇園山笠は、15日早朝の追い山まであと3日に迫り、福博の街を包む男たちの熱気も高まってきた。そんな伝統的な「男の祭り」を追い続ける女性カメラマンがいる。アパレル店に勤務しながら、写真の仕事もしている福岡市南区の山崎伸子さん(34)。写真を学ぶ学生時代に通い始め、今年で15回目の山笠を迎えた。

 オイッサ、オイッサ――。空がまだ薄暗い11日午前5時過ぎ、街灯がともった路地に低い声がこだまする。…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文996文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです