メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨1年 災害弱者が多数犠牲に 課題残る「避難行動要支援者名簿」

孤立していた病院からボートで救助される人たち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日、望月亮一撮影

 昨年7月の西日本豪雨では、高齢者ら災害弱者が多数犠牲になり、住民避難で大きな課題が残った。1年後の今、被災自治体の多くが避難勧告・指示の発表の仕方などを見直す一方、避難支援に用いる「避難行動要支援者名簿」の運用のように改善が進まない課題もある。次の災害で犠牲を減らすためにも、早急に過去の災害から学ぶ必要がある。【渡辺諒、宮川佐知子】

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1266文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです