メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「避難行動要支援者名簿」 西日本豪雨で被災した3県の自治体 8割が運用見直さず

堤防が決壊し(中央下)、街を濁流が覆い尽くした小田川=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日、本社ヘリから加古信志撮影

 自力避難が困難な高齢者や障害者を記した「避難行動要支援者名簿」について、昨年7月の西日本豪雨で犠牲者が多数に上った岡山、広島、愛媛3県の全70市町村で名簿を活用できたのは20市町村にとどまり、8割に当たる57市町村が豪雨後に運用を見直していないことが、毎日新聞の調査で分かった。名簿は2011年の東日本大震災後に作成が義務づけられたが、活用が進まぬ実態が明らかになった。

 高齢者など災害弱者の犠牲を減らそうと、13年の災害対策基本法改正で名簿作成が市町村の義務となった。…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文971文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです