メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

エアコン清掃で化学物質過敏症 勝訴した女性の思いは

エアコン清掃で化学物質過敏症を発症した女性。業者を提訴した裁判で勝訴したが、今でも外出時は常にマスクを外せず、めまいやふらつきなどの症状に苦しんでいる=東京都内で2019年5月31日午後2時39分、蒔田備憲撮影

 エアコン清掃時に洗浄剤が十分に洗い流されなかったために「化学物質過敏症」を発症したとして、東京都内の女性が清掃業者に約1600万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁(伊藤繁裁判長)が女性の主張を認め、約1300万円の支払いを命じる判決を言い渡した。エアコンの清掃ミスと化学物質過敏症との因果関係が認められるのは珍しいという。提訴から約4年。女性はめまいや食欲不振などに苦しみながら裁判を闘い、業者側の控訴はなく勝訴が確定した。「原因が分からず、泣き寝入りせざるを得なかった人たちもいる。判決が参考になれば」と語る。【東京社会部・蒔田備憲】

この記事は有料記事です。

残り2383文字(全文2651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです