メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

体重差79キロの矢後を破り5勝目

矢後(手前)をかいなひねりで降した炎鵬=ドルフィンズアリーナで2019年7月12日、大西岳彦撮影

 大相撲名古屋場所6日目の12日、関取最軽量99キロの炎鵬(24)は元アマチュア横綱の矢後(25)をかいなひねりで破り、5勝1敗とした。

 「待った」の後の2度目の立ち合い。炎鵬は低い姿勢から、自身より79キロ重い同学年の矢後の懐にもぐりこんだ。左下手を抱え込まれ、ひじをきめられる寸前だったが、まわしの位置を変えな…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです