メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

存在感増す逸ノ城 好調支える自己管理 「前に出られている」

志摩ノ海(左)を寄り切りで降した逸ノ城=ドルフィンズアリーナで2019年7月12日、大西岳彦撮影

○逸ノ城(寄り切り)志摩ノ海●大相撲名古屋場所6日目(12日・ドルフィンズアリーナ)

 平幕力士の勝ちっ放しが消え、両横綱が無敗を守る中、じわじわと存在感を増しているのが逸ノ城だ。力強い取り口で2日目から白星を並べている。

 立ち合いで左を張った逸ノ城。「先に右を差そうと思ったけど、左上手が取れた」。考えた手順とは違ったが、得意の右四つに組むと、志摩ノ海に反撃を許さず寄り切った。

 関取最重量、227キロの巨体を生かした四つ相撲だけでなく、4日目には強烈な突っ張りも見せた逸ノ城。…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文573文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです