メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原口 九回代打で意地の一発 がん乗り越え「恩返し」

【全パ-全セ】九回裏全セ2死一塁、2点本塁打を放ち三塁を回り喜ぶ原口文仁=東京ドームで2019年7月12日、梅村直承撮影

 ○全パ6―3全セ●(12日・東京ドーム)

【全パ-全セ】九回裏全セ2死一塁、2点本塁打を放ち観客に手を振る原口文仁=東京ドームで2019年7月12日、滝川大貴撮影

 全セの原口(阪神)が九回、意地の一発を放った。5点を追う九回、2死から高橋(中日)が中前打で出塁して、代打として打席に立った。相対するのは全パ・山本(オリックス)。カウント1―1からの3球目、真ん中付近の速球を完璧にとらえると、鋭い打球は左中間席へ吸い込まれた。大腸がんを乗り越えて、夢舞台に戻って来た原口。代打で名前がコールされただけで、球場は大歓声に包まれた。「いっぱい恩返しができるように、野球を楽しみたい」。その思いが、劇的な代打本塁打につながった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです