メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
勧酒詩選

新元号「令和」の酒宴 どんな酒が飲まれ、どんな歌が詠まれたのか

博多人形で再現された、梅花の歌を詠む宴。にぎやかな雰囲気がある=福岡県太宰府市の大宰府展示館で

 ついに、酒と詩(うた)の時代、来たりぬ。

 とでも言いたくなるのは、新元号「令和」が、酒と詩の宴席から誕生したから。

 酒と詩は古来、相性抜群だ。多大の果実を後世に送り届けてきた名コンビなのである。酒が詩を勧めるのか。詩が酒を勧めるのか。新企画「勧・酒・詩・選」で、酒と詩が醸す世界をそぞろに歩いてみたい。

この記事は有料記事です。

残り2627文字(全文2779文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

伊藤和史

1983年入社。岐阜支局、中部報道部、東京地方部、東京学芸部、オピニオングループなどを経て、2019年5月から東京学芸部。旧石器発掘捏造(ねつぞう)事件(2000年)以降、歴史や文化財を中心に取材

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです