特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

小説

村上春樹さんが連作短編を発表 「僕」の背後で鳴り響く音楽

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「文学界」8月号
「文学界」8月号

 作家、村上春樹さんの最新の短編小説2編が、文芸誌「文学界」(文芸春秋)8月号に掲載された。「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」と「『ヤクルト・スワローズ詩集』」。表紙などには「連作短編『一人称単数』その4と5」と記されているが、これが同誌の昨年7月号に載った「三つの短い話」3編を受けたものであるのはファンには周知の通りだ。5編いずれも「僕」または「ぼく」によって語られている。

 この一人称による語りは村上さんの初期作品で使われ、一世を風靡(ふうび)したものだ。その後、村上作品は次第に三人称へと移行していったが、2年前の最新長編「騎士団長殺し」では「私」が復活した。連作の表題が示すように、今回も人称の選択には作家の明確な意図が働いている。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1016文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集