メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

サザビーズがスニーカーを競売、希少シューズ100足 23日まで

[PR]

 競売大手サザビーズは11日、スニーカーだけを扱った初のオークションを同日から23日までオンラインで行うと発表。写真はナイキの「ムーン・シュー」。提供写真(2019年 ロイター/Sotheby's)

 [ニューヨーク 11日 ロイター] - 競売大手サザビーズは11日、スニーカーだけを扱った初のオークションを同日から23日までオンラインで行うと明らかにした。スニーカーが高額の収集品にもなりつつあることを示している。

 サザビーズは、ストリートウェアを扱う「スタジアム・グッズ」と提携し、希少なスニーカー100足をオンラインで競売に掛ける。

 出品アイテムには、ナイキ初のランニングシューズである「ムーン・シュー」のサンプルも含まれる。スタジアム・グッズによると、これはナイキの共同創業者で陸上競技のコーチだったビル・バウワーマン氏が1972年五輪のトライアルに参加する選手のためにデザインした12足のうちの1足で、ハンドメイド。予想落札価格は16万ドル(約1740万円)。

 このほか、1989年のSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」にインスパイアされた、ナイキの限定版スニーカーの2011年モデルと2016年モデルも出品されている。靴ひもを自動的に調整する機能もついた2016年モデルは、5万─7万ドルで落札されると見込まれている。

 出品されている靴はニューヨークのサザビーズで23日まで展示されている。

 これまで最も高い価格で落札されたスニーカーは、2017年にスポーツ関連のアイテムを扱うSCPのオークションで19万0373ドルの値が付いたコンバースのシューズと考えられている。これは1984年五輪の決勝でマイケル・ジョーダンが使用したものとされている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです