メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

スペイン北部の牛追い5日目、67人負傷 1人は角で腕突かれる

 スペイン北部パンプローナで行われている毎年恒例のサンフェルミン祭りで11日、牛追いイベントが5日目を迎えた(2019年 ロイター/Susana Vera)

 [パンプローナ(スペイン) 11日 ロイター] - スペイン北部パンプローナで行われている毎年恒例のサンフェルミン祭りで11日、牛追いイベントが5日目を迎えた。赤十字によるとこの日は67人が負傷した。

     負傷者の大半は軽傷だったが、7人が病院で手当てを受け、このうち1人は角で腕を突かれた。牛追い初日には3人が角で突かれていた。

     サンフェルミン祭りは1週間続き、毎朝牛追いが行われる。牛追いは、白いシャツと赤いスカーフを身に着けた参加者らが、市内の狭い通りを牛に追いかけられるようにして走るもの。牛は闘牛場に向かい、その後殺される。

     走る距離は875メートルとなるが、大半の参加者は40メートル程度を走ったところで牛に追いつかれる。

     祭りの開催前には動物愛護活動家らが抗議活動を実施。パンプローナを訪れる観光客のほとんどは、牛追いの後に毎日牛が殺されていることを知らないと述べた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
    2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
    3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
    4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
    5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです