メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

スペイン北部の牛追い5日目、67人負傷 1人は角で腕突かれる

 スペイン北部パンプローナで行われている毎年恒例のサンフェルミン祭りで11日、牛追いイベントが5日目を迎えた(2019年 ロイター/Susana Vera)

[PR]

 [パンプローナ(スペイン) 11日 ロイター] - スペイン北部パンプローナで行われている毎年恒例のサンフェルミン祭りで11日、牛追いイベントが5日目を迎えた。赤十字によるとこの日は67人が負傷した。

     負傷者の大半は軽傷だったが、7人が病院で手当てを受け、このうち1人は角で腕を突かれた。牛追い初日には3人が角で突かれていた。

     サンフェルミン祭りは1週間続き、毎朝牛追いが行われる。牛追いは、白いシャツと赤いスカーフを身に着けた参加者らが、市内の狭い通りを牛に追いかけられるようにして走るもの。牛は闘牛場に向かい、その後殺される。

     走る距離は875メートルとなるが、大半の参加者は40メートル程度を走ったところで牛に追いつかれる。

     祭りの開催前には動物愛護活動家らが抗議活動を実施。パンプローナを訪れる観光客のほとんどは、牛追いの後に毎日牛が殺されていることを知らないと述べた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

    2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

    3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

    4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです