メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ドイツ銀英行員がスーツあつらえ、多数の同僚が削減された同日に

 ハンデルスブラット紙によると、ドイツ銀行のゼービングCEO(写真)は、多数の同僚が削減された同じ日にロンドンの支店で行員らがスーツをあつらえていたとして、行員らに個別に電話して叱責したと明らかにした。写真はフランクフルトで5月撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

 [フランクフルト 11日 ロイター] - ドイツ銀行のゼービング最高経営責任者(CEO)は、多数の同僚が削減された同じ日にロンドンの支店で行員らがスーツをあつらえていたとして、行員らに個別に電話して叱責したと明らかにした。ハンデルスブラット紙がCEOの発言として伝えた。

     この件については8日、1万8000人の削減が発表された数時間後に複数のロンドンの支店からテーラーが出てくるところが目撃され、ソーシャルメディアで批判されていた。

     ゼービングCEOは同紙とのインタビューで「ロンドンの支店で8日、スーツをあつらえるためテーラーを呼んだ理由が分からない。この行為はわれわれの価値観とまったく合致していない」と述べた。

     この行為が何らかの結果につながるかとの質問に、ゼービングCEOは「CEOが行員に個別に電話してこの件について話すことを結果というなら、イエスだ」と応じ、関与した行員はこの電話を「忘れない」だろうと語った。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
    2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
    3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
    4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
    5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです