メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

北朝鮮帰国者に光を 人生聞き取り、記録集へ

西日本各地から北朝鮮に帰還する第1陣を乗せた帰還専用列車は北朝鮮国旗や花束の中、新潟港に向け京都駅を出発した=京都駅で1959年12月10日、奥田進晤撮影

 在日コリアンの北朝鮮への帰国事業が始まった1959年から今年で60周年。事業は84年まで続き、在日コリアンや日本人配偶者、その家族を含めて約9万3000人が北朝鮮へ渡った。だが「帰国者」のその後にはほとんど光があてられておらず、空白の歴史となっている。当事者の高齢化が進む中、脱北してきた「帰国者」からその人生を聞き取って記録するプロジェクトが進められている。【日下部元美】

 聞き取りをしているのは社団法人「『北朝鮮帰国者』の記憶を記録する会」。昨年8月、在日コリアンと日本…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文967文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです