メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

五輪とその時代 1956年 メルボルン 初の南半球、冬の熱戦

五輪旗や「Olympic Special」の文字が描かれた日本航空の特別機「蔵王号」でメルボルンのエッセンドン空港に到着したメルボルン五輪日本選手団の第1陣。中央は田畑政治選手団長。同氏は1964年の東京五輪開催に尽力した=オーストラリア・メルボルンのエッセンドン空港で1956年11月6日、石井清特派員撮影

 五輪史上初めての南半球での開催となった第16回メルボルン大会は、1956(昭和31)年11月22日から12月8日まで行われた。馬術競技だけは馬の検疫に半年を要するためスウェーデンのストックホルムで実施した。閉会式から10日後、国連総会は日本の加盟を全会一致で承認し、日本が国際社会への復帰を果たした時期だった。

 日本選手117人は12競技(馬術は除く)に参加し、金4、銀10、銅5の計19個のメダルを獲得、前回ヘルシンキ五輪の9個から倍増させた。特に体操は11個と量産、鉄棒で金メダルを手にした小野喬(たかし)選手は個人総合、団体総合、あん馬で銀、平行棒で銅と大活躍した。レスリングもフリースタイルのフェザー級で笹原正三、ウエルター級で池田三男の両選手が優勝。競泳の200メートル平泳ぎ決勝で古川勝、吉村昌弘両…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです