メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊テレビ評

「水戸黄門」 メッセージ詰まった半世紀=ペリー荻野

 「水戸黄門」は、1969年8月4日、初代・東野英治郎が、助さん(杉良太郎)、格さん(横内正)とともに登場して、まもなく50周年。黄門役は、西村晃、佐野浅夫、石坂浩二、里見浩太朗と名優に引き継がれ、現在、BS-TBSで武田鉄矢が奮闘中だ。

 “天下の副将軍”こと水戸光圀と、家臣の佐々木助三郎、渥美格之進とともに、越後のちりめん問屋のご隠居一行として諸国漫遊の旅をしながら、各地の悪を懲らしめる。格さんが葵(あおい)の御紋(ごもん)の印籠(いんろう)を示し、「この紋所が目に入らぬか!」と威張った悪人をぎゃふんと言わせるのも名場面。義賊・風車の弥七が一行のピンチを救いに現れたり、お供のくノ一の入浴シーンもおなじみだ。

 今さら50年続ける定番シーンの説明をするのは、残念ながら近年、「水戸黄門」を見ていないこどもたちが…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1045文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです