メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前略おへその穴から

通学もクールビズ=前川さなえ /愛知

 天気が安定せず、蒸し暑い日が続く。中学校の制服のズボンは通年用なのでこれがとても暑そう。オーダーしてあった半袖のシャツを紳士服店に受け取りに行った時、店員さんに「夏用のズボンはありますか?」と聞いてみたら「ございますよ」と生地が薄くて通気性にも優れた学生服スラックスを見せてくれた。

 なるほど、手触りがシャッキリさらりとしていて、生地自体が触ったときにひんやりする感じもある。「汗ばんでも肌にはりつかない素材ですので快適ですよ」とのこと。そうそう、汗かいた後、あの衣服の中で熱気がこもる感じが不快なんだよねぇ。なるほど~、やっぱりそういうのも一着用意しておいたほうがいいのかな、と思いつつその日は保留に。

 そしたら数日後に息子が「これ7月からだって」と渡してきたプリントが「体操服登校(クールビズ)についてのお知らせ」。ほう! 夏休みまでの間は体操服のTシャツとハーフパンツで通学してもOKとのこと。それは柔軟でいいですねぇ! クールビズの「ビズ」はビジネスからの造語だから、学校ならクール“ビズ”じゃないのでは?というツッコミはおいといて。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです