小玉スイカ

甘みしっかり 京丹後で出荷始まる /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小玉スイカを出荷する(左から)松本守夫さん、知聴さん、琴美さん親子=京都府京丹後市網野町で、塩田敏夫撮影
小玉スイカを出荷する(左から)松本守夫さん、知聴さん、琴美さん親子=京都府京丹後市網野町で、塩田敏夫撮影

 京丹後市網野町の砂丘小玉スイカ「きょうとのぼん」の露地物の出荷が12日、JA京都網野支店で始まった。網野町小玉西瓜部会の6人が150アールの畑で栽培をしており、京阪神方面に約2万玉の出荷を予定している。

 同市網野町木津の松本知聴さん(31)は両親の守夫さん(63)、琴美さん(59)と一緒に出荷作業…

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文218文字)

あわせて読みたい

注目の特集