メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019・激戦えひめ

課題の行方/2 豪雨1年、進まぬ復興 /愛媛

再建したプレハブで仕事をする入江須美さん。ユニホームなど夫善彦さんの遺品が並ぶ=愛媛県西予市野村町地区で、中川祐一撮影

 「生活基盤はできたが、これからの生活に対する不安が大きい。1年前とは違う意味でつらい」。西日本豪雨から1年が過ぎた8日、西予市野村町地区に建てられた真新しいプレハブで入江須美さん(51)はつぶやいた。豪雨で亡くなった夫善彦さん(当時59歳)の意志を継いで印刷業を再開したが、先は見通せずにいる。

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです