メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ハンセン病

家族訴訟終結 原告以外も補償

首相談話に喜ぶ(左から)弁護団の徳田靖之共同代表、林力原告団長、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長=衆院第2議員会館で2019年7月12日午後2時49分、藤井達也撮影

 ハンセン病元患者家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決(6月28日)を巡り、国は12日、控訴の見送りに合わせ元患者と家族への反省とおわびを盛り込んだ安倍晋三首相談話と政府声明を発表した。これを受けて原告側も控訴しないことを表明し、訴訟は終結した。談話で言明した原告以外も含む家族への補償制度構築が、今後の課題になる。

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1059文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです