メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難行動要支援者名簿

西日本豪雨後、運用見直さず 被災3県の市町村8割

 自力避難が困難な高齢者や障害者を記した「避難行動要支援者名簿」について、昨年7月の西日本豪雨で犠牲者が多数に上った岡山、広島、愛媛3県の全70市町村で名簿を活用できたのは20市町村にとどまり、8割に当たる57市町村が豪雨後に運用を見直していないことが、毎日新聞の調査で分かった。名簿は東日本大震災後に作成が義務づけられたが、活用が進まぬ実態が明らかになった。

 高齢者など災害弱者の犠牲を減らそうと、13年の災害対策基本法改正で名簿作成が市町村の義務となった。…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです