メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難行動要支援者名簿

西日本豪雨後、運用見直さず 被災3県の市町村8割

 自力避難が困難な高齢者や障害者を記した「避難行動要支援者名簿」について、昨年7月の西日本豪雨で犠牲者が多数に上った岡山、広島、愛媛3県の全70市町村で名簿を活用できたのは20市町村にとどまり、8割に当たる57市町村が豪雨後に運用を見直していないことが、毎日新聞の調査で分かった。名簿は東日本大震災後に作成が義務づけられたが、活用が進まぬ実態が明らかになった。

 高齢者など災害弱者の犠牲を減らそうと、13年の災害対策基本法改正で名簿作成が市町村の義務となった。名簿は本人の同意を得た後、地域の民生委員や自主防災組織などに提供され、災害時に避難誘導に使われる想定。提供や活用は義務づけられていない。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです