メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

アニメ大国といえば日本だろうが…

[PR]

 アニメ大国といえば日本だろうが、アジア初の長編アニメ映画は中国で製作された。ディズニーの「白雪姫」(1937年)の影響を受け、日中戦争さなかの41年に上海で公開された「西遊記 鉄扇公主(てっせんこうしゅ)の巻」だ▲火焔(かえん)山の炎を消す芭蕉扇(ばしょうせん)を持つ羅刹女(らせつにょ)(鉄扇公主)と孫悟空の戦いを描いた作品は翌年、日本で公開され、娯楽に飢えた子供たちから喝采を浴びた。漫画の神様、手塚治虫も中学時に映画を見て影響を受けたといわれる▲NHKの連続テレビ小説「なつぞら」のモデルとされる東映動画が手がけた日本初のカラー長編アニメ映画「白蛇伝」(58年)は中国の伝説が題材だ。当初、香港の映画会社が企画を持ち込み、海外市場を意識して製作されたという。スタジオジブリの宮崎駿監督は「白蛇伝」に感動してアニメに関心を持ち、東映動画に入ったというから、日中の縁は深い▲中国ではこれまで上映の機会がなかった宮崎監督作品の公開が相次ぐ。昨年末、「となりのトトロ」(88年)が初上映されたのに続き、6月からは「千と千尋の神隠し」(2001年)が公開され、ディズニーの新作を上回る人気ぶりだ▲ジブリ作品の大半は海賊版で流通してきたため、子供の頃から何度も見たという人も少なくない。しかし、映画館の大型スクリーンで本物を鑑賞したいとファンが集まっている▲日本のアニメを見て育った世代は目も肥え、中国アニメの水準も急速に高まっている。お互いに刺激を与え合える関係になれないものか。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 体操・内村が新型コロナ感染

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです