メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かんぽ生命

解約2年で急増 手当目当てか 営業当面自粛

 不正販売問題を調査中のかんぽ生命保険は12日、同社の保険の解約件数が契約してから2年後に急増していたと明らかにした。以前の社内規則では、契約から2年未満に解約されると販売した郵便局員は手当を返納する必要があり、返納を免れるため2年を過ぎて顧客に解約させていた可能性がある。一連の問題を受け、かんぽ生命と日本郵便は同日、かんぽ生命の保険商品の営業を当面自粛すると決めた。

 郵便局員の手当が増額される時期に合わせて契約を乗り換えた事例がこれまでに約7万件発覚しており、かん…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1018文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです