メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

原発も夫婦別姓も=青野由利

討論会に臨む(左から)維新の松井代表、国民の玉木代表、公明の山口代表、自民の安倍総裁、立憲の枝野代表、共産の志位委員長、社民の吉川幹事長=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年7月3日、藤井達也撮影

 <do-ki>

 選択的夫婦別姓と原発新増設。共通点は? 今月開かれた日本記者クラブ主催の党首討論会を見た人なら、「認めるか否か」の質問に安倍晋三首相だけが挙手しなかった場面が思い浮かぶはずだ。

 安倍首相は「(イエスかノーかで挙手させるのは)印象操作」とムキになっていたが、そんなことはない。自民党は「選択的別姓を認めることも、原発新増設を否定することも、今はできない」ということはよくわかった。

 それに、印象操作かどうかより重要なのは、いずれも「賛否を明確にせず、問題を先送りしていていいのか」という点だろう。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです