メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ

輸出規制、日韓すれ違い 冷ややか「事務的説明会」 政府間初会合

韓国向け輸出管理について韓国産業通商資源省のチョン・チャンス貿易安保課長(手前右)への事務的説明に臨む岩松潤貿易管理課長(手前左)=東京都千代田区の経済産業省で12日(代表撮影)

 日本政府による韓国向け半導体材料などの輸出規制強化を巡り、両政府は12日、東京都内で初の事務レベル会合を開いた。韓国側が規制強化の理由をただしたのに対し、日本側は「安全保障上の懸念がある」との説明に終始。歩み寄りはなく、次回会合の日程も決まらなかった。韓国は国際社会に不当性を訴える構えで、対立の長期化は避けられない情勢だ。

 日本がフッ化水素など3品目の規制強化を実施してから、初の政府間直接対話となったこの日。ホワイトボー…

この記事は有料記事です。

残り2664文字(全文2877文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです