連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

輸出規制、日韓すれ違い 冷ややか「事務的説明会」 政府間初会合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
韓国向け輸出管理について韓国産業通商資源省のチョン・チャンス貿易安保課長(手前右)への事務的説明に臨む岩松潤貿易管理課長(手前左)=東京都千代田区の経済産業省で12日(代表撮影)
韓国向け輸出管理について韓国産業通商資源省のチョン・チャンス貿易安保課長(手前右)への事務的説明に臨む岩松潤貿易管理課長(手前左)=東京都千代田区の経済産業省で12日(代表撮影)

 日本政府による韓国向け半導体材料などの輸出規制強化を巡り、両政府は12日、東京都内で初の事務レベル会合を開いた。韓国側が規制強化の理由をただしたのに対し、日本側は「安全保障上の懸念がある」との説明に終始。歩み寄りはなく、次回会合の日程も決まらなかった。韓国は国際社会に不当性を訴える構えで、対立の長期化は避けられない情勢だ。

 日本がフッ化水素など3品目の規制強化を実施してから、初の政府間直接対話となったこの日。ホワイトボードに「輸出管理に関する事務的説明会」と書いた紙が張り出されただけの経済産業省の殺風景な会議室で、両国の出席者が笑みもみせず向き合った。午後2時に開始した会合は、韓国側が多数の質問を投げかけたことで予定を3時間以上超える5時間半におよんだ。終了後、韓国産業通商資源省の全賛洙(チョンチャンス)貿易安保課…

この記事は有料記事です。

残り2514文字(全文2877文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集