メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意
なるほドリ

最低賃金、どんな仕組み? 国が定める時給の下限、都道府県ごとに異なる=回答・矢澤秀範

最低賃金の全国平均の推移

 なるほドリ 今年度の最低賃金(さいていちんぎん)をどうするかの話し合いが始まったんだね。どんな仕組み?

 記者 最低賃金は、労働者が不当に安い給料で働かされるのを防ぐため、国が定める時給(じきゅう)の下限(かげん)です。企業はこれに従う義務(ぎむ)があります。毎年改定(かいてい)され、まず労働者側と企業側、中立的な有識者で作る「中央最低賃金審議会(しんぎかい)」が7月下旬に、前年度と比べた改定の目安を決めます。その後、各都道府県にある審議会が、地域の実情に応じた額を8月に決定します。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです