メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

最低賃金、どんな仕組み? 国が定める時給の下限、都道府県ごとに異なる=回答・矢澤秀範

最低賃金の全国平均の推移

 なるほドリ 今年度の最低賃金(さいていちんぎん)をどうするかの話し合いが始まったんだね。どんな仕組み?

 記者 最低賃金は、労働者が不当に安い給料で働かされるのを防ぐため、国が定める時給(じきゅう)の下限(かげん)です。企業はこれに従う義務(ぎむ)があります。毎年改定(かいてい)され、まず労働者側と企業側、中立的な有識者で作る「中央最低賃金審議会(しんぎかい)」が7月下旬に、前年度と比べた改定の目安を決めます。その後、各都道府県にある審議会が、地域の実情に応じた額を8月に決定します。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです