メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

カーボンプライシング

有村俊秀氏

 地球温暖化対策で、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量に応じ、企業や消費者に費用負担を求める「カーボンプライシング」(炭素の価格付け)が注目されている。炭素税や排出量取引を指すが、政府は6月にまとめた温暖化対策の長期戦略で「議論が必要」との記載にとどめた。温室効果ガス削減の切り札になるのだろうか。【聞き手・大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2738文字(全文2901文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです