メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

西日本豪雨1年 避難なお課題 要支援名簿に個人情報の壁

道路が寸断され孤立した住宅から消防隊員によって救出されたお年寄り=広島県呉市で2018年7月8日、小出洋平撮影

 昨年7月の西日本豪雨では、高齢者ら災害弱者が多数犠牲になり、住民避難で大きな課題が残った。1年後の今、被災自治体の多くが避難勧告・指示の発表の仕方などを見直す一方、避難支援に用いる「避難行動要支援者名簿」の運用のように改善が進まない課題もある。次の災害で犠牲を減らすためにも、早急に過去の災害から学ぶ必要がある。【渡辺諒、宮川佐知子】

この記事は有料記事です。

残り2921文字(全文3089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです