メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

11~12月出発 リュウグウから、帰路7.4億キロ

はやぶさ2の帰路のイメージ

 小惑星リュウグウへの着陸と地下物質採取に成功した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は12日、リュウグウから高度約20キロの定位置に戻った。今後は上空から観測を続け、11~12月にリュウグウを出発。地球まで約7億4000万キロの帰路に就き、採取試料の入ったカプセルを2020年末に帰還させる。探査機本体はその後、さらに別の天体の探査へと向かう可能性もある。

 はやぶさ2は今後、国内5大学が共同開発した小型ロボットの投下や上空からの観測を実施。リュウグウへの往路で使った主エンジンの「イオンエンジン」が復路でも正常に作動するかチェックする。現地出発は、地球とリュウグウの公転軌道の関係から航行距離が短くなるタイミングの11~12月となる。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです