第90回都市対抗野球

節目の大会、負けられぬ JR東日本東北、創部100周年/日生、創業130周年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR東日本東北が53年ぶりの出場を果たした第66回都市対抗野球大会の初戦で、延長十回表に決勝本塁打を放った選手を歓喜の表情で迎えるナイン=東京ドームで1995年7月23日
JR東日本東北が53年ぶりの出場を果たした第66回都市対抗野球大会の初戦で、延長十回表に決勝本塁打を放った選手を歓喜の表情で迎えるナイン=東京ドームで1995年7月23日

 13日開幕の都市対抗野球大会は、今回が90回目で一つの区切りを迎える。出場チームの中には、今年が創部や会社の創業からの節目に当たるところもあり、「記念すべき年に優勝を」と闘志を燃やしている。【藤田花、岡村崇】

 JR東日本東北(仙台市)は今年、1919(大正8)年の創部から100周年を迎えた。その歴史は都市対抗よりも古く、27(昭和2)年に開かれた第1回大会にも出場している。当時のチーム名は「仙台鉄道局」。その後も毎年のように出場し、都市対抗の常連で知られた。

 戦後は低迷が続いたが、87年の国鉄民営化に伴って「JR東日本東北」として再スタートを切ると、95年に53年ぶりの都市対抗出場を果たし、ベスト8。東日本大震災で被災した2011年には、チーム一丸となって苦難を乗り越え、初のベスト4に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文831文字)

あわせて読みたい