メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 きょう女子決勝 元世界1位対決 力のセリーナVS集中のハレプ

 第10日の11日に行われた女子シングルス準決勝で、第11シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が13日の決勝に勝ち進んだ。元世界ランキング1位同士で、S・ウィリアムズは3年ぶり8回目、ハレプは初の制覇を狙う。過去の対戦は9勝1敗でS・ウィリアムズがリード。球足の速い芝コートでも実績があるS・ウィリアムズがやや優位だ。

 37歳291日のS・ウィリアムズは1968年のオープン化以降、女子で最年長の4大大会決勝進出者とな…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです