メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 アーティスティックスイミング・デュエットTR 日本、4位発進

 12日、193カ国・地域が参加して韓国・光州で開幕した。アーティスティックスイミング(AS)のデュエット・テクニカルルーティン(TR)予選で、乾友紀子(井村ク)、吉田萌(ザ・クラブピア88)組が91・9210点で4位に入り、上位12組による14日の決勝へ進んだ。トップ通過は、スベトラーナ・コレスニチェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組(ロシア)で95・9501点だった。

 ソロ・TR予選は、乾が91・7284点で3位発進した。1位はコレスニチェンコ(ロシア)で94・11…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです