メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
仮面ライダージオウ

2051年の未来から…「仮面ライダーアクア」登場! 荒井敦史が「湊ミハル」再演

「仮面ライダージオウ」第44話から3週にわたって登場する仮面ライダーアクア(左)と湊ミハルを演じる荒井敦史さん (C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

[PR]

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)に仮面ライダーアクア/湊ミハルが登場することが7月14日、明らかになった。仮面ライダーアクアは、2011年12月公開の劇場版「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX」に初登場した西暦2051年の“未来ライダー”で、湊ミハルを劇場版と同じく俳優の荒井敦史さんが再び演じる。

 仮面ライダーアクア/湊ミハルは、戦闘能力は高いものの、性格は消極的で弱々しく勇気がない、という仮面ライダーらしからぬ性格の持ち主。「仮面ライダージオウ」でも、性格はそのまま。アナザーライダーに襲われそうになったツクヨミ(大幡しえりさん)を助けようとするときも、「ちょっと待って。いま勇気出すから……よし! 変身!」と気弱な一面を露呈するという。

 ドラマには、7月21日放送の第44話から3週にわたって登場。2019年に「タイムマジーン」で現れた理由とは何なのか? 実はソウゴ(奥野壮さん)やゲイツ(押田岳さん)、ツクヨミの運命を大きく変えるかもしれない「キーマン」としても描かれるという。

 「仮面ライダージオウ」は、2000年にスタートした「仮面ライダークウガ」から続く「平成仮面ライダー」シリーズの20作目の記念作で、最後の平成仮面ライダー作品となる。主人公の常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)は、時空を旅して、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、「最高最善の魔王」になろうとする。

仮面ライダーアクア/湊ミハル役・荒井敦史さんコメント

 お久しぶりです。知らない方は初めまして。まさかの登場……湊ミハルです。ビックリしますよね? オファーをいただいた私が一番ビックリしました。劇場版ライダーだったわけで……最近のお子さんたちは存在さえも知らない可能性があると。でもこうして出演が決まり光栄です! ミハルは水のライダーでありながら、水が苦手で変身できないライダーでした。あのときオーズたちに出会い、どう変わったのかも注目してみてください。ジオウという作品、そしてアクアが未来のライダーだったからこそ実現したんだなあと。うれしいですね。当時お世話になった方々、スタッフさんや ジオウキャストの皆さんに助けられて撮影できました。お楽しみください!

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです