メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ大統領、進む強権、求心力は低下 クーデター未遂3年

トルコのエルドアン大統領=ロイター

 トルコ軍の一部による2016年のクーデター未遂事件から15日で3年が経過する。この間、トルコは建国以来続いた議院内閣制を大統領制に移行、権限を一手に握ったエルドアン大統領は強権支配を続けてきた。だが、強権への反発や経済減速を背景に、その求心力には陰りも見え始めている。

 今月9日、トルコ検察は軍人176人の逮捕を命じたと発表した。エルドアン政権がクーデター未遂直後から事件の背後にいると名指ししてきた米国在住のイスラム教指導者ギュレン師に関係するとの疑いがあるという。粛清の手は緩められていない。

 政権は事件後、ただちに非常事態宣言を発令してギュレン派の粛清に乗り出した。その対象を「すべてのテロに関係する者」に拡大し、クルド人や左派など政権に反対意見を持つ人たちも摘発した。これまでに7万7000人以上が拘束され、解雇されたり停職処分となったりした軍人や警察官、公務員、教員らは約15万人に上るとされる。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです