メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

吉本HD・大崎会長「ウソは一番アカン、原因突き止めチャレンジ」一問一答

反社会勢力や闇営業問題について語る吉本興業ホールディングスの大崎洋会長=東京都新宿区で2019年7月12日、藤井太郎撮影

 所属芸人が反社会的勢力のパーティーに会社を通さず出席して謝礼を受け取っていた問題などについて、大崎洋・吉本興業ホールディングス(HD)会長に聞いた。一問一答は次の通り。【聞き手・油井雅和】

謹慎期間、本人が決める手伝いを

 ――これまでコンプライアンス対策に力を入れてきたが、今回の件をどう思うか。

 ◆よりによって、お年寄りをだました金を、知ってる知らなかったでなく、結果として受け取ったというのは、大バカ野郎ですし、ウソついたことない人間はいないでしょうが、ここ(宮迫博之さんらが金は受け取っていないと主張していたこと)は一番アカンやろ、ということ。それが若者だったらいざ知らず。これは、うーん、残念無念です。

 ――今の段階で社内ではどんな作業をしているのか。

この記事は有料記事です。

残り5260文字(全文5590文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです