メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉本、反社「断絶確認書」全芸人6000人と締結へ 会長「反省し徹底」

反社会勢力や闇営業問題について語る吉本興業ホールディングスの大崎洋会長=東京都新宿区で2019年7月12日、藤井太郎撮影

 所属の人気芸人が反社会的勢力(反社)のパーティーに会社を通さず出席して謝礼を受け取っていた問題で、吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(65)が毎日新聞の取材に応じた。大崎会長は、「残念無念。反省してもう一度顔を上げるしかないと思っている」として、反社との関係断絶などを求める「共同確認書」を7月中に全芸人(約6000人)と交わすことを明らかにした。一方で、ほとんどの芸人との契約が口頭である点については、変える必要がないと強調した。

 大崎会長は、「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)らの今回の行動について、「よりによって、お年寄…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです