メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉本、反社「断絶確認書」全芸人6000人と締結へ 会長「反省し徹底」

反社会勢力や闇営業問題について語る吉本興業ホールディングスの大崎洋会長=東京都新宿区で2019年7月12日、藤井太郎撮影

 所属の人気芸人が反社会的勢力(反社)のパーティーに会社を通さず出席して謝礼を受け取っていた問題で、吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(65)が毎日新聞の取材に応じた。大崎会長は、「残念無念。反省してもう一度顔を上げるしかないと思っている」として、反社との関係断絶などを求める「共同確認書」を7月中に全芸人(約6000人)と交わすことを明らかにした。一方で、ほとんどの芸人との契約が口頭である点については、変える必要がないと強調した。

 大崎会長は、「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)らの今回の行動について、「よりによって、お年寄りをだました金を、結果として受け取ったというのは大バカ野郎です」とし、当初は金を受け取っていないと宮迫さんらが発言したことについて「ここは一番アカンやろ」と批判した。これまで、反社との関わりを断つための非上場化やコンプライアンス研修などを繰り返してきたが「漏れがあった。より徹底する」と決意を語った。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです