メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョコビッチ連覇かけ決勝へ バウティスタ降す ウィンブルドン男子準決勝

決勝進出を決めたノバク・ジョコビッチ=2019年7月12日、AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第11日は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準決勝で2連覇を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第23シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)を6―2、4―6、6―3、6―2で降して決勝に進んだ。第2シードで優勝8回の経験があるロジャー・フェデラー(スイス)は第3シードで過去2回優勝のラファエル・ナダル(スペイン)との顔合わせ。【ウィンブルドン新井隆一】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです