メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決勝はジョコビッチ対フェデラー ウィンブルドン

男子シングルス準決勝 ラファエル・ナダル(左)と健闘をたたえ合うロジャー・フェデラー=ウィンブルドンで12日、AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第11日は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準決勝は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が14日の決勝に勝ち上がった。フェデラーは2年ぶり9回目、ジョコビッチは2年連続5回目の優勝を狙う。

 フェデラーは第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)を7―6、1―6、6―3、6―4で破り、2年…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです