メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

寺内・坂井組が2位で決勝進出 8位以内なら東京五輪代表に内定 男子シンクロ板飛び込み 世界水泳

男子シンクロ板飛び込み予選、坂井丞、寺内健(右)組の1回目の演技=韓国・光州で2019年7月13日、宮武祐希撮影

  水泳の世界選手権の第2日は13日、韓国・光州で行われ、男子シンクロ板飛び込み予選で寺内健、坂井丞(しょう)組(ミキハウス)が384.09点の2位で上位12組が出場する決勝へ進出した。トップ通過は中国ペアだった。同日夜の決勝で8位以内に入れば、日本水泳連盟の選考基準を満たし、来年の東京五輪代表に内定する。内定が決まれば全競技を通じて第1号となる。【光州・村上正】

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです