メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所7日目、両横綱全勝守る 休場の貴景勝、大関陥落

大関昇進の伝達式で口上を述べる貴景勝(中央)。奥は師匠の千賀ノ浦親方、手前は親方の妻留美子さん=大阪市中央区で2019年3月27日午前9時49分、平川義之撮影

 大相撲名古屋場所7日目は13日、名古屋市のドルフィンズアリーナで行われ、両横綱が全勝を守った。白鵬はよく見て大栄翔をはたき込み、鶴竜は万全の寄りで正代を降した。

 大関の高安は碧山を退け、平幕の照強とともに1敗をキープ。関脇・御嶽海、平幕・炎鵬ら6人が2敗で続く。大関・豪栄道は遠藤に一方的に攻められ…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです