メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セリーナを手玉 芝の女王ハレプ、シンプル思考で主役に

テニスのウィンブルドン選手権で初優勝を飾ったシモナ・ハレプ(右)。左はS・ウィリアムズ=AP

 ハレプは序盤からエンジン全開だった。左右にコントロールされたショットを打ち分け、S・ウィリアムズを手玉に取った。相手がミスを重ねたのにも助けられ、第1セットは最初の3ゲームのうち二つもブレークし、6―2で奪った。勢いに乗ると、第2セットも連取して念願の女王に。「最高のプレーだった」と喜んだハレプ。今大会初戦で左足首を痛めた影響も感じさせなかった。

 昨年の全仏オープン覇者で、1月の全豪オープンで大坂なおみ(日清食品)が4大大会2連勝を遂げるまで世…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文604文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです