メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

パラ見据え合同練習 日本、ブラジル両柔道代表 弘前 /青森

ブラジル視覚障害者柔道代表チームが日本男子代表チームなどと合同練習=青森県弘前市の弘前大武道場で

 2020年東京パラリンピックに向け、ホストタウンの弘前市で強化合宿をしているブラジル視覚障害者柔道代表チームが12日、日本の視覚障害者柔道男子代表チームと合同練習を始めた。15日まで行われ、両国の選手たちが本番を見据えて技を磨いている。

 参加しているのは、ブラジルチームが男子5人、女子4人の計9人…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです