メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

東京成徳大助教 小薗崇明さん(40) /千葉

小薗崇明さん

体験談から歴史を学んで

 日本近現代史を専門に、東京と八千代市のキャンパスで指導しながら、関東大震災や太平洋戦争の空襲被害について学生と現地調査を重ねる。直接の体験者は減り、証言を集めるために調査した人たちも高齢となる。歴史の継承に課題を感じつつ、「いろいろな時代を生きた人たちの証言に一つずつ向き合い、考えることが歴史を学ぶ上で大切だ」と考えている。

 80万人以上が犠牲になった1994年のルワンダ大虐殺を大学の授業で学び、民族問題や虐殺などの歴史に…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです